2010年8月20日金曜日

日本周遊紀行(130)川崎 「六郷渡しと堀の内」

.


日本周遊紀行(130)川崎 「六郷渡しと堀の内」



川崎宿の堀の内・・、

徳川幕府により、東海道に宿駅伝馬制度(街道沿いに宿場を設け、公用の旅人や物資の輸送は無料で次の宿駅まで送り継ぐという制度)が敷かれたのが慶長6年(1601)のことであった。
川崎宿はそれよりおくれること22年後の元和9年(1623)、品川から神奈川両宿の伝馬負担を軽減するため開設された。

この頃は既に多摩川に「六郷」の橋が架けられていたが、元禄元年(1688)の大洪水で流されて以来、明治7年(1874)まで船による「渡し」が続けられた。
因みに、明治初年の天皇の行幸の際には、多くの船を並べ繋ぎ、その上に板を渡した橋、即ち「船橋」(ふなはし)で渡ったという。



明治元年(1868)10月 明治天皇の東幸渡行風景。 官軍に守られ、船上の「六郷の渡し」を行軍する明治天皇の行列。作者は「月岡芳年」の錦絵(三枚) (大田区立郷土博物館所蔵)


さて江戸時代、東海道を行く者にとって多摩川の「六郷の渡し」は江戸に入る大切な要であり、常時十数隻程度の舟で旅人や荷馬を渡していた。
前述の明治天皇の渡御の際には23隻の舟を横に並べ、船橋を作って渡ったという。 
現在の六郷大橋の欄干には渡船のモニュメントがあり、当時の多摩川の姿を伝えている。


川﨑の宿場は、江戸から六郷の渡し(現、六郷大橋)を渡りきると、現在の堀の内町から駅前の砂子、南町地区辺りが旧東海道の道筋である。
川崎・堀の内というのは平安末期に河崎基家がここに居館を構えたのが、この名前の起源といわれる。

河崎基家は坂東平氏の秩父氏の末流といわれ、基家がここに知行を受けて、その地名を名乗ったようである。
その館は現在の堀之内の稲毛神社付近と伝わり、神社の案内板にもそういった由来が書かれている。
多摩川がこの地域のすぐ近くを流れ、「堀の内」はその渡河地点を押さえる重要な立地だった。

因みに、基家の子である河崎重家が武蔵国の渋谷を賜ったことから渋谷姓を名乗り、これが現在の東京・渋谷の始まりだそうである。
渋谷の駅から200mの至近、静寂の地に「渋谷八幡」(金王神社)があり、渋谷氏の城があった所で、現在の渋谷の地名の由来といわれている。



一般の宿場町も、概ねそうであるが・・、

江戸期の川崎宿駅は、堀の内を中心に一般通行者を対象とする旅籠、木賃宿、茶屋、商店などが立並び、飯盛り女の手引きで客を引きながら宿泊、通行、荷物輸送などで利益をあげていた。

飯盛り女とは、宿駅の宿屋で旅人の給仕をし、売春も兼ねた女のことである。



ところで現在の堀の内地区は昔の面影というには気が引けるが、男相手の客商売、所謂、風俗営業の店が軒を並べ、関東屈指の風俗街と成り果てて、繁盛しているようである。


余計で私事ながら、この「堀の内」には思い出がある、実は小生が「男」になった所なのである。 
未だ20歳そこそこの頃、田舎の会社、工場勤務より東京大手町の本社へ出向転勤になり、この会社の社員寮のある大田区・六郷土手に居を移した。

六郷土手は、京浜急行の「六郷土手」の駅があり、東京よりの多摩川堤のすぐ近くで、僅かなところに第一京浜国道(旧東海道)の六郷橋が架かる。

或る日、先輩に連れられて六郷の大橋を渡り、川﨑の堀の内で遊び、男として初めて「筆おろし」をした場所でもあった。

堀の内は昭和中期頃までは、公の遊郭街として有名であり、近郊の男供を相手に正々堂々と商売し繁盛していたという。  
ところが、売春防止法(昭和31年)が発布されて公には出来なくなり、飲食店という形式で内々に行っていたようである。 

小生が始めて訪れた時も、カウンターで飲食をしながら、徐に(おもむろに)意志を確認しながら商談・・?をまとめ、何がしかの金銭を別に払って、二階の特別室で用を済ませたものであった。

その後も給料日の後などは、下駄履きでカランコロンと六郷の橋を渡り、お馴染みの所で、たまにはお馴染みさんと「筆ならし」を行ったもんである。



東海道・川崎宿の堀の内地区は大師道への分岐でもあり、お大師様参詣で賑わったところでもある。
大師道は六郷の渡しから医王子、若宮八幡宮を経て、川崎大師・平間寺(へいけんじ)の山門に至る道を言い、”川沿いの道(大師道)を下りて18丁(1962m)の所にある”と、当時の物の本・案内書に書かれている。 

厄除けで有名な川崎大師は江戸時代から東海道を通過する旅人だけでなく、江戸を中心とする庶民の霊場にもなっていた。
尚、江戸表から訪ねて来る参詣人は、多摩川を渡るとき六郷の渡しではなく上流の矢口や丸子の渡しを利用して渡ったともいわれる。

中原街道の丸子の渡しは水量も少なく、庶民の渡しだったのだろうか・・?

川崎大師は大治年間(1126~1131年)、尊賢(そんけん)が開山、平間兼乗(ひらま かねのり)の開創といわれ、後北条氏の時代から弘法大師信仰(真言宗)の零場として賑わっていた。

江戸時代になると、徳川家斉、家慶、家定、家茂らの各将軍も厄除け参りをするようになり、その為御膳所、御成門も建立され門前町としても多いに発達したという。

川崎宿の繁栄は、この川崎大師の隆盛の影響も大きかったのである。


現在、高尾山薬王院成田山新勝寺とともに真言宗の関東三本山の一つとされ、毎年の正月には初詣の参拝客で大変な賑わいとなることは周知である。

因みに、2006年初詣客は272万人となり、全国三位、神奈川県第一位を記録している。

当寺への参詣客を輸送する目的で1899年1月21日(初大師の縁日)に開業した大師電気鉄道は、現在の京急(京浜急行電鉄)の基となった。


次回は、「横浜



【小生の主な旅のリンク集】

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ   C・掲示板   FC2 H・P   gooブログ   yahooブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)

【日本の世界遺産紀行】
北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観

ハワイ旅行2007   九州旅行2008   沖縄旅行2008   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002


【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   
「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   北ア・槍-穂高(1968年)   上高地・岳沢・穂高(1979年)   上高地・明神(2008年)   南ア・北岳(1969年)   八ヶ岳(1966年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   谷川岳(1967年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   奥秩父・金峰山(1972)   

《山のエッセイ》
「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」

《スキー履歴》
「スキー履歴」


.

0 件のコメント:

コメントを投稿

01. 15.

トラッキングコード3