2010年7月2日金曜日

日本周遊紀行;温泉と観光(34)松島 「瑞巌寺の高僧」

.


 日本周遊紀行;温泉と観光(34)松島 「瑞巌寺の高僧」 



写真:瑞巌寺の法身窟


瑞巌寺には「真壁平四郎」という高僧がいた・・、



法身窟」(ほっしんくつ)とは、北条時頼が諸国行脚中この場所にて法身和尚真壁平四郎)と出会った岩屋である。

瑞巌寺には歴代高僧の内、四大高僧がいたといわれ、鎌倉期の「法身禅師」という禅僧もその一人であるという。 
俗名を「真壁の平四郎」といい、今でも語り人となって登場している。 


講談 の「伊達政宗より真壁平四郎のくだり」や浪曲「真壁平四郎伝」 でもお馴染みである。

『 平四郎が政宗の中間(ちゅうげん:中世の公家・武家・寺院などに仕える従者で、侍と小者との中間に位する。近世には武家の奉公人で、雑役に従事、足軽と小者との中間に位する)として働きながらも、ちょっとした誤解から政宗の怒りを買い、その無念を晴らすために長い苦労の末に立派なお坊さんになる・・、 』というお話である。

出身地は、常陸国真壁郡(茨城県真壁郡細野町)でその名が付いた。 



若年の頃、城主・伊達正宗の下僕を勤めていたが或る宴のあった冬の日、履物を懐で温めて城主を待っていたところ、履物を尻に敷いていたと誤解され、額を割くほどに激しく撲られた。 
これをきっかけに平四郎は政宗のもとを去り、出家して後に高野山や中国・宋に渡って修行を積んだ。 
帰国後、京都・妙心寺の住主となり、更に諸国遍歴の旅中、松島の延福寺(瑞巌寺)に滞在し、岩窟にて修行していたといわれる。 


その時、鎌倉執権・北条時頼が東国遊行中、延福寺(瑞巌寺)に立ち寄り、時頼が岩窟に入って休息していた時、岩窟には先住の修行僧がいて二人は意気投合し、法談問答などで時を重ねたという・・。

この岩窟での出会いから10数年後、縁あった「執権・北条時頼」に援助を戴き、法身禅師による臨済宗・円福寺を再建したという。
あの時、法身禅師が禅修業した岩窟を「法身窟」といい、今でも参道脇に現存している。 

その後の円福寺(瑞巌寺)は隆盛を極めたという。


次回は松島・「湯の原温泉と斉太郎節



.【小生の主な旅のリンク集】

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ   C・掲示板   FC2 H・P   gooブログ   yahooブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)

【日本の世界遺産紀行】
北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観

ハワイ旅行2007   九州旅行2008   沖縄旅行2008   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002
【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   
「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   北ア・槍-穂高(1968年)   上高地・明神(2008年)   南ア・北岳(1969年)
八ヶ岳(1966年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   谷川岳(1967年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   奥秩父・金峰山(1972)   

《山のエッセイ》
「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」

《スキー履歴》
「スキー履歴」



.

0 件のコメント:

コメントを投稿

01. 15.

トラッキングコード3